So-net無料ブログ作成

ホロスコープのアスペクトとは [ホロスコープの読み方の基本]

ファクター同士がホロスコープにおいて重要とされる角度を
形成することがあります。
……というか、非常に多く起ります(笑)。
その角度のことをアスペクトといいます。
代表的なものを以下に紹介していきます。


■0度(コンジャンクション)(合関係)
誤差:0°~8°
特性:一般に吉座相とも凶座相とも言えない。どの星同士が組み合っているかで異なる。
大吉──太陽、月、金星、木星の合
凶──火星、土星、天王星、海王星、冥王星、ドラゴンの尾の合
ニュートラル──水星


<吉座相>

■120°(誤差0°~7°)
特性:極めて順調に行く(3光線角度:360÷3=120°)。ただし120°ばかりだと順調すぎて却ってドライブが掛からない。大成する人は120°と90°の両方が入っている人が多い。苦労をバネにして大躍進する。

■60°(誤差0°~5°)
特性:努力すると実る。まっしぐらに進む

■72°(誤差0°~3°)
特性:読みが鋭くなる(5光線角度:360÷5=72°)

■30°(誤差0°~3°)
特性:小吉

■144°(誤差0°~3°)
特性:調和



<凶座相>

■180°(誤差0°~8°)
特性:対立関係であり、パートナー関係。『マグネット盤』を持っている人には関係ない。

■90°(誤差0°~7°)
特性:苦労した後に良くなる(4光線角度:360÷4=90°)

■45°(誤差0°~4°)
特性:8光線角度(90°のマイナーなもの)

■135°(誤差0°~4°)
特性:8光線角度(90°のマイナーなもの)

■150°(誤差0°~3°)
特性:大きな凶座相ではないが、最後まで何かがうまく行かない


※誤差(オーブ)というのは、ピッタリその角度を形成していなくても、有効範囲とみなされる許容度数のことです。


ホロスコープの読み方で、一番注目するアスペクトはコンジャンクションです。
例えば「冥王星」や「ドラゴンの尾」と他の惑星が合になっていると、良くありません。
例えば恋愛の星「ジュノー」と、死と再生の「冥王星」が合になっていると、付き合って別れての繰り返しで恋愛が長続きしません。
また例えば、「太陽」と「月」が合だと、運命全体が明るくなります。

このように、組み合わせでいろいろな意味が生まれます。
詳しい例はファクターの所で述べます。

ホロスコープ鑑定はこちら
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 1

コメント 2

アシュレー

We Wish You A Merry Christmas! (*^。^*)
by アシュレー (2008-12-25 01:57) 

春野


出会いの季節っしょ♪
一人暮らしの女とかマジですぐポンポン落ちておもしれーww
お姉さん美味しかったです(^q^)
http://k1fxtgn.www.sofban.info/k1fxtgn/
by 春野 (2011-04-10 01:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。