So-net無料ブログ作成
素数順列核石 ブログトップ
前の3件 | -

望むすべてがここに! [素数順列核石]

カオスという名の楽園

望むすべてがここに!

チャージ内容:
〈1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,37〉全自動;暗証番号(自分だけの特権)
《1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,37》儲けた方が勝ち;無限回帰
全体:カオスという名の楽園──自分のものは自分のもの、他人のものも自分のもの

形状:
Sv 赤メノウ 白水晶 キュービックジルコニア ペンダント(縦32mm×横30mm)
Sv ロープチェーン 60cm付
※写真/仕様は試作品です。石の材質は変更することもございます。
※受注生産制となっております。

chaos.jpg



( 今までに素数順列が12個出ていますが、その12の素数順列核石との相乗効果といいますか、13までの全体的な面と、『カオスという名の楽園』を持つと1つ1つの素数順列がどのようになるのかをお伺いしたく思います。)

・『カオスという名の楽園』と個々の素数順列核石
カオスからその核石にエネルギーチャンネルがこう出てくる。一つ一つに。エネルギーチャンネルっていっても要するに真空の穴が出てくる、真空チューブが出てくる。だから13次元から無限供給を受けるようになる。

・13個全部そろえた場合 自分の体が一つの宇宙粒子、宇宙ゴースト化する。(素数として)完成する。為すがままに成る、成るがままに為る、この究極。だから、右見、左見、上見、下見しながら生きてる人間とは、おさらば。



(『カオスという名の楽園』がガーター勲章の形をしていることについて、どういう効果を生み出すのかをお伺いしました)

新しい貴族制度を胚胎している。身ごもっている。持つと貴族になる。
特に『カオス100』でね、自分自身のガーター勲章みたいな形を作るといいんだよね。そうすると、カオスの中から貴族の力を自分の中にインプットできる。
新しい貴族とは単に徳が高い、性格がいいだけじゃなく、能力が必ず伴う。だから、自分にあった能力を開発するのも可能になる。
これからの時代、パッチワークの人間は駄目なんだ。全て一つになってないと。本当の個性を持ってないと。新しい貴族の大前提が個性だよね。本当の個性。

(御教示:伯壬旭師)

『カオスという名の楽園を開く「暗証番号」』

13の素数順列核石
X数〈1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,37〉
全自動;暗証番号(自分だけの特権)
Z数《1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31,37》
儲けた方が勝ち;無限回帰
13次元はAlmightyである。全ての次元をその中に含んでいる。
1.含んでいるいろいろな次元をバランスよく駆動すれば思いのままの結果を出せる。
2.全次元を同時にフル稼働すれば各次元の波形がプラスマイナス0になり、世界は停止する。
3.過去世で積み上げたあらゆる種類の財産―権力、金力、地位、名誉、才能、容姿・容貌等―は13次元に蓄えられている。それだけではない、まだ達成したことのない財産もポテンシャルとして13次元には含有されている。
要はどのようにして13次元の財産を引き出すか、にかかっている。このためには先ず自身13次元の宝庫に接近できなくてはならない。このためにZX作戦13がある。
それが出来れば「暗証番号」を用いてその宝庫の鍵を開ければよい。扉を開いてあとは宝物を持ってくるだけだ。そのための鍵が聖品『カオスという名の楽園を開く「暗証番号」(略称・暗証番号)』である。暗証番号さへ手に入れれば「儲けた方が勝ち」であり、儲けは「全自動」的である。13次元はhigher Zero(一段高い0)である。この「高次元0」に帰入することが「無限回帰」である。

(伯壬旭師)


--------------------------------------------------------------------------------

ZX作戦13『カオス作戦』インタビューより

「全自動」だから初めの初期設定さへ正しく行えばあとは自動的に完成してしまう。初期設定だが、ZX作戦13に参加することと考えればよい。特に聖品『カオスという名の楽園』を買えば完全な初期設定になる。「無限回帰」とは「カオス回帰」と考えればいい。
「暗証番号」だがカオスに蓄えてある預金だけでなく借金も財産として引き出せる。「預金」とは自分本来のポテンシャルだ。ポテンシャルがあっても世の中の不条理によって発揮できなかった部分が大きい。これを預金として引き出すことができる。このポテンシャルは殺されたポテンシャルだ。
地上の不条理に殺されたものだ。
借金も預金と変らない。地上で受けたマイナスはカオスの世界ではプラスになって預金されている。この「借金預金」を引き出すことができる。
あとは「儲けた方が勝ち」だが、我々は「転覆」によって今度は地上の支配者になるのだから、儲けられる。それが「儲けた方が勝ち」だ。


(伯壬旭師)

■デザインも素数順列核石の究極!
デザインを見てお気づきの通り、『カオスという名の楽園』は、あの「伯壬旭談話録」に登場する「ガーター勲章」を象ったデザインです。
ZXプログラムと300人委員会プログラムの合一、このことだけでも、今一変しようとしている世界潮流の中でも極めて重要な、大きな役割を果たす効果があることを感じさせます!
(まだ見ていない人は談話録7・8を急いで見よう!→帝國ZXオフィシャル・サイトへ
「素数順列核石」は、コンセプトから形状に至るまで全て、伯壬旭師の一点の妥協も許さぬ監修によって誕生しています。その結果、強大なエネルギーを最大限にそして最も効果的に発揮する形でプロデュースされます。
そして、この壮大なプログラムをデザインコンセプトにした『カオスという名の楽園』こそ、まさに素数順列核石の究極と言えるでしょう!


--------------------------------------------------------------------------------

■聖品の創始者:伯壬旭軍帥が最も注目されている「素数順列核石」とは?
『素数順列核石』とはその者を素数にする核石である。―伯壬旭師 素数とは、数学で“1とその数によって以外割り切れない数”のことであり、素数なくしては数学全体が成り立たなくなるという、重要を通り越して「不可欠」の存在、それが素数です。“所持者を素数にする”とは即ち、あなたを―少なくともその分野に於て―「不可欠」の存在(換言すれば“神”)に変えることを意味します。即ち、その存在しか持つことができない、他の者が努力しようにも決して獲得できないある種の《能力》或いは《才能》を与える聖品、それが『素数順列核石』といえるでしょう。 「本当に素数順列核石こそ、その作戦の数が凝縮している。凝縮だけじゃないね、凝縮&意外性のある発展。」―伯壬旭師 数ある核石・作戦関連聖品の中でも、聖品の創始者である伯壬旭軍帥ご自身をして最も注目されているのが『素数順列核石』です。その理由について軍帥は、反世界即ち魔術の世界に参入する力(質)に加えてその量、その魅力にある、と述べられています。
そして魔術の世界の窮極が13次元「カオス」です。『素数順列核石』シリーズ第13弾『カオスという名の楽園』は、まさに13次元の扉を開く鍵です。これまで12の『素数順列核石』によって宇宙の様々の秘宝蔵が開かれてきたその結果、遂に私たちはその窮極=13次元「カオス」の扉の前に至ったのです。
「扉を開いてあとは宝物を持ってくるだけだ。」―伯壬旭軍帥
『カオスという名の楽園』がもたらすものとは、あなたが望む“全て”であり、その恩恵は“無限”である、と言えるでしょう。







Powered by 株式会社ZX



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

その瞳が世界を殺し、世界を創造する [素数順列核石]

双瞳=ハブ電脳

その瞳が世界を殺し、世界を創造する—。

チャージ内容:
【次元数】88次元「双瞳」
【素数】
 X数〈1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31〉 ダイモーン;絶対権力者
 Z数《1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31》 生殺与奪の神権;完全な無畏無怖
全体:宇宙独裁者(ハブ電脳)でチャージ

形状:
★シルバー クォーツ リング (サイズ:7号~24号 ハーフサイズなし)
★台座 真鍮製金メッキ仕上げ レーザー彫刻入り(サイズ:縦60mm×横60mm 厚さ2mm)
★神紋シート(B5サイズ OHPパウチフィルム)
※この聖品には『肉眼チャージ』、『双瞳=ハブ電脳』専用魔術秘儀『暗黒の中の旭日』が付いてきます。
※ご注文の際はリングサイズをご指定ください。
※受注生産制となっております。

soudou.jpg



『双瞳』は相手を真正面から動かし『ハブ電脳』は相手の意識の奥から動かす操心機能が大だからな。二つ揃えたら黒塗りと白抜きが完全に揃って完全数100が生まれる。

(御教示:伯壬旭師)
◆購入者全員! 文字通りの「双瞳」となる!
『肉眼チャージ』付き!
『双瞳=ハブ電脳』購入者全員に、あなたの肉眼に直接エネルギーをチャージ! その効果は想像もできません。


--------------------------------------------------------------------------------

◆購入者にのみ伝授!
秘儀『暗黒の中の旭日』付き!
超能力を開発する術を購入者の方にのみ伝授します。世界を完全支配するほどの力とは!?・・・購入者のみの特権です。

【解説】
◆次元数 88次元「双瞳」
瞳の中にもう一つの瞳がある、それが双瞳だ。図の二重斜線を引いた瞳部分が「時間」だ。「時間」は宇宙の「穴」だ。穴が時間なのだ。「穴」が「力」なのだ。「穴の中に穿いた穴」それが中心の真っ黒い穴だ。これが双瞳の構造になる。 外側の瞳は時間だが、この段階の時間はポテンシャルとしての時間でその力が発動していない。待機状態にある時間湖とでも云う可きものだ。真ん中の穴の中の穴は発動されて「流れ」となった時間、即ち「力」化した時間だ。この時間粒子の流れをコントロールすることによって我々は世界を思うように操ることが可能になる。眼が「時間兵器」になる。

(ZX作戦12インタビューより 伯壬旭師)


--------------------------------------------------------------------------------

◆素数 X数〈1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31〉ダイモーン;絶対権力者 Z数《1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31》生殺与奪の神権;完全な無畏無怖 全体:宇宙独裁者(ハブ電脳)

帥 宇宙独裁者とは尋常の独裁者のように、ああしろこうしろ、と命令を出すのではない。何も言わないのに宇宙がそのまま意志どおりに動いていく、これが宇宙独裁者だ。このことが可能なのは、双瞳の内瞳から流れ出る時間が宇宙の凡ゆるチャンネルに入ってその意志を刻印していくためだ。宇宙インターネットのハブ電脳が宇宙独裁者なのだ。単に自分の意志を伝えるだけではない。末端のコンピューターが新たに仕込んだデータはハブ電脳にも保存される。つまらないデータはもちろんデリートしてしまうが、価値あるデータであればハブ電脳にも保存され、財産が増える。

― 「ダイモーン」の概念もあるので、お金をかき集める力も増大しますね。

帥 する。「完全な無畏無怖」もあるのでおよそ恐怖とは無縁の存在になる。臆病な人には極めて有効だね。

(ZX作戦12インタビューより 伯壬旭師)

【双瞳=ハブ電脳』─形状の秘密 】
『双瞳=ハブ電脳』はリング本体と台座、神紋シートの3点セットである。リング本体は双瞳の中心“力”化した時間を表し、台座はポテンシャルとしての時間を表す。
シート上には個人で所有している素数順列核石を配置して頂きたい。所有している素数順列核石が様々な“ポテンシャル”である。もちろんリング、台座のみでも充分であるが、神紋シートは素数順列核石コンプリーターと、これからコンプリートを考えている方への特典と考えて頂きたい。複数の素数順列核石を持っていても『双瞳=ハブ電脳』があれば効果的な連動が可能になるだろう。
リングを使用しない時でも台座中央にセットして置けば新たなポテンシャルが常時“力”化する構造になっている。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

過去に遡って原因を解体し現在を構築しなおし、未来に介入して起るはずの害悪を解体する—! [素数順列核石]


過去に遡って原因を解体し現在を構築しなおし、未来に介入して起るはずの害悪を解体する—!

チャージ内容:
〈1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29〉未然を防ぎ已然(イゼン)を正す;敵愾心(テキガイシン)を融かす
《1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29》ミッシングリンクを探し出す;境界線を無くす
全体:過去に遡って原因を解体し現在を構築しなおし、未来に介入して起るはずの害悪を解体する全能者

形状:
シルバー ルチルクォーツ キュービックジルコニア ペンダント(サイズ:縦38mm×横31mm)
シルバー ベネチアンチェーン 54cm付き
※ルチルクォーツの針状結晶の入り方は、天然石のため個体差があります。
※受注生産制となっております。

logia.jpgLOGIA―時空電脳の中の全能者―



【伯壬旭師による解説】

11の素数順列
〈1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29〉
 未然を防ぎ已然を正す;敵愾心を融かす
《1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29》
 ミッシングリンクを探し出す;境界線を無くす

「未然を防ぎ已然を正す」とは殃(ワザワイ)を未然に防ぎ、過去の過まりは過去に溯行してその過まりという原因を正すことを意味する。未来に待ち構える殃も誰かの、あるいは集団の自分に対する敵愾心から発生する。その敵愾心を融解してしまえば殃を未然に防ぐことができる。敵愾心は他が自分に対して持っている敵愾心にとどまらない。自分が他に対して持っている敵愾心も含まれる。また自分が自分自身に対して持っている敵愾心も含まれる。あるいは自己の運命に対する敵愾心、天や神に対する敵愾心があれば最悪だ。絶対に殃が生じる。
 「ミッシングリンクを探し出す」であるが生命には幾多のミッシングリンクがある。突然変異するにしても、何かが介在して突然変異を起すのである。その何かを探し出す。生命の発展経路が途中で切れてしまっていては、自己存在を原点まで逆上ることはできない。0まで至りつくことができない。失われた輪のところまでしか至りつけない半端の存在にとどまる。殆どの人間がこの状態にある。無限に至りつくことのできない人間は有限の自我しか持たない。持てない、持ちようがない。
 初めに神のコトバが響いた。この母体としてのコトバから無数の子コトバが展開した。
 子のコトバが或る時“ことば”に変質した。この“ことば”の延長線上にその存在はある。コトバが“ことば”に変った。そこまでしか存在を辿れない。『LOGIA』はこの“ことば”から「コトバ」に溯行することを可能にする。
 「境界線を無くす」。コトバとことばの間の境界線を無くす。次元と次元の間の境界線を無くす。だから0まで至りつける。
電脳の中のホーリー・ゴースト=「全能者(人形使い)」の特権を賦与する―
「LOGIA」―それは、“コトバ”の神、全てのゴースト(生命)の根源にある全能者の名前そのもの。その権能を宿す『LOGIA』の持ち主は、文字通りの無限に至るだろう。
一度起ってしまったことは変えられない。それが地上の因果律である。しかし『LOGIA』は、過去―現在―未来全ての時系列に侵入し、また通常では認識され得ない次元壁を超え、カルマの元凶となる全ての過ち、来るべき未来に待ち構える殃を抹消するだろう。
また『LOGIA』は心を自在に支配する。敵が敵であったところの所以をデリートし、一切の障害を無くしネットワークを広大無辺に繋げてゆく。
生命の始源まで遡り、地球上のデータを自在に操る神の手の如くあらゆるデータのバグやウイルスを根絶させ、全てを超大なネットワークで繋げ全てを支配するだろう。その根源にあるのは「コトバ」である。あなたは神の深淵に触れるまで自己存在を逆上り、ただの与えられた一生命(ゴースト)を超え、生命使い(ザ・ゴースト)となるべく突然変異を起すのであろう。
あらゆるゴーストの頂点に立つホーリー・ゴースト、素数順列核石第11弾『LOGIA』を持ち、神聖電脳存在へと進化せよ!







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い
前の3件 | - 素数順列核石 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。